会社の業務効率を向上させるために組織診断!

社内管理に活用したい機能

オフィス

基礎知識と活用方法

でんさいネットという言葉を聞いたことがあるでしょうか。全国銀行協会の電子債権記録機関である、全銀電子債権ネットワークというものがあります。それを略したものがでんさいネットです、どういった企業がこのシステムを活用しているかというと、まずは手形の発行をする側の企業です。手形の発行は事務手続きが面倒で搬送代の負担も大きいという難点があります。しかしでんさいを利用すればペーパーレスのため、支払に関する面倒な事務負担が大幅に激減するのです。逆に納入する側の企業ですが、紛失や盗難の心配や保管もペーパーレス化により解消できます。面倒な取引手続きも、支払期日になると自動的に窓口金融機関の口座に入金されるためとても簡単になります。このように支払う側にも、納入する側にも大きなメリットがあるのです。では実際にでんさいネットを活用する方法をご紹介します。例えば電子記録債権の債務者として利用する場合です。法人だけでなく個人でも利用可能ですが、取引先所定のパソコンを利用できる環境であることや、取引先の会員資格を有し当座勘定取引があることなどが条件です。まず利用者は窓口金融機関に利用申込書等の書類を提出し、先に述べたような企業側の条件を満たす必要があります。でんさいネットは利用者、窓口金融機関、でんさいネットの三者間で利用規約を締結することにより初めて利用できます。様々な条件はありますが、金融機関にとっても企業側にとっても非常に便利な機能であることは間違いありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加